catch-img

Merakiは夢のワンダーランド 其の2

ついに12月に突入しました。
今年も残すところ、あと1ケ月、早いものですね。
そうそう、12月に入り、インフルエンザの声も少し耳に入り始めましたね。
皆さん、体調には気を付けてください。

前回、facebook wi-fiのお話をさせて頂きましたが、今回は、マーケティングに役立つ機能についてお話させて頂きます。

スマートフォンやタブレットの普及により、日頃から情報収集や友達との連絡などに、これらのデバイスが利用されているかと思います。 ですので、ショッピングモールや、観光地などで、お客様へのサービスとして、無料Wi-Fiを提供することは、顧客満足度を向上させるための1つの要素になりうると思います。

もし、無料Wi-Fiサービスを単なる顧客満足度向上のためだけでなく、マーケティングのツールとしても利用できるとしたら、どうでしょうか?

「〇曜日はお客様が少ない。」、「A地点には、あまりお客様が行っていない。」、「△時頃、B地点は、いつもお客様でいっぱいだ。」などの情報が、簡単に可視化できるとどうでしょうか? いろいろな活用方法が見えてくると思いませんか?
次回は、「ああしてみよう。」とか、「こうすればどうだろうか?」とか、拡販のためのいろんなアイディアが飛び出してくるのではないかと思います。

そう、こんなマーケティングツールが、Merakiには、標準で付いているんです。
この機能、Merakiでは、クライアント・ヒートマップ機能と呼んでいます。
下記画面のように、時間軸で、どの地点にどのくらいのお客様が来ているのかを色で可視化することが可能です。色で判別できるので、非常に分かり易いですね。

クライアント・ヒートマップ機能

また、初めて来て頂いたお客様、週1回来てくれる方、毎日来てくれる方など、来客頻度を集計したり、どのくらいの時間、滞在して頂けたのかなどの情報も簡単に収集することができます。
表示期間も1日間から特定の期間まで、幅広く設定することが可能です。
なので、イベント開催期間中の来場者数なども簡単に確認することが出来るのです。 そうそう、店舗間比較なんてことも可能です。
ちなみに、この機能も標準ですよ。
お得感、満載ですね!!

店舗間比較

            期間を選択



これらの機能、無線APを設置した時点からデフォルトで動作します。
なので、これらの機能を利用するために、利用者が特別に会員登録などを行う必要はありません。 お客様にもやさしいですよね。
また、Facebook wifi機能と併用することで、Facebookのインサイト機能も融合した幅広いマーケティング情報を収集することが可能になります。

あっ、Facebook wifi機能を利用すれば、海外から観光に来られた方に対しても、簡単に無料Wi-Fiを提供することが出来ますよ。
Merakiって、インターナショナルですね!!
2020年の東京オリンピック開催に向けて、訪日外国人へのおもてなしの一端をMerakiが担いそうな予感がしませんか?

次回もMerakiのおもちゃ箱から、役に立つ機能についてお話しさせて頂きます。