IT用語解説

多要素認証とは? 3つの要素から成り立つセキュリティ対策の仕組み

IT用語解説

2021-08-18

不正ログインは個人情報の流出や出金操作、不正なメール送信などサイバー攻撃のきっかけにつながります。また、対企業へのサイバー攻撃であれば、これらの被害のほかに社会的信用の失墜といった深刻な二次被害が発生する恐れもあります。このような被害に遭わないための対策として関心が高まっているのが多要素認証です。この記事では、多要素認証の仕組みや必要性について解説します。

情報を知見に変える! 脅威インテリジェンスの活用方法

IT用語解説

2021-07-01

サイバー攻撃に対するセキュリティ対策をどのように行うかは企業にとって大きな課題です。攻撃から防衛することはもちろん、インシデント発生後の調査と分析による脅威の早期発見と再発防止対策が求められます。本記事では、脅威インテリジェンスの概要、種類、活用方法を分かりやすく解説します。

テレワークで必要な情報漏えい対策とは

IT用語解説

2021-06-25

テレワークの推進によってより一層の注意が必要となるのが情報漏えい対策です。企業はツールの脆弱性やICTリテラシーの低さを利用したサイバー攻撃のリスクを認識し、対策を講じる必要があります。この記事では、情報漏えいリスクを回避して安全なテレワーク環境を整備するための対策についてご紹介します。

ファイル無害化とは? 無害化の仕組みと活用が求められるケース

IT用語解説

2021-06-16

社内外を問わず、従業員は日々多くのファイルを授受しています。その手段はメール、ファイルサーバ、クラウドサービス、外部記録媒体などとさまざまですが、従業員が受け取ったファイル内にウイルスが隠れていることがあります。今回はファイル無害化の仕組みやユースケースについて解説します。

標的型攻撃の対策とは? 攻撃手順を知って多層防御を実現

IT用語解説

2021-06-07

年々巧妙化し続けるサイバー攻撃。攻撃者の手口にはさまざまな手法があり、日々進化し続けています。サイバー攻撃は愉快犯が主流とされていましたが、近年は特定の組織や個人を狙う“標的型攻撃”が増加傾向にあることをご存じでしょうか。この記事では、標的型攻撃とその対策方法を解説します。