catch-img

新人SE・QAの現場から(シスコシステムズ製品情報の探し方)

■はじめに

みなさんこんにちは!

NOP /社会人1年目の内山と申します!

ITリテラシーほぼ0(ゼロ)、「シスコ」って何?そんな状態で入社した私ですが、 弊社内でのジョブ・ローテーション制度により、現在SE部で業務に取り組んでいます。

実は私、営業志望ということもあり、入社当初は技術的なことは全くわかりませんでした。 技術的なことがわからず混乱している男性

そんな私ですが、9月からQA対応を行っています。

・QA対応とは?

パートナー様から弊社営業経由でSE部にいただくご質問への対応をいいます。

(主に機器の仕様確認 / シスコシステムズの製品のみに限らず、様々な弊社取扱いベンダー製品の質問)

弊社では、パートナー様ごと、あるいは大まかな製品ごとに担当者を決めています。


私は主にシスコシステムズのスイッチ、ルータ、ワイヤレス製品の仕様確認を回答しています。

でも最初はやはり、 まったく できませんでした・・・

そこで!、以前の私同様、「シスコシステムズの製品情報、どう探せばいいか全くわからない…」という方!!

いまでは少しマシになり、簡単なものなら自分で回答できるようになった私が、 本ブログにてよくある質問の例を交えながら調べ方の解説をしたいと思います。


目次[非表示]

  1. 1.■はじめに
  2. 2.■例えばこんなご質問
    1. 2.1.レベルⅠ [簡単な設定の可否確認]
    2. 2.2.レベルⅡ [エラーメッセージの確認]
    3. 2.3.その他、構成を確認する
  3. 3.■終わりに


■例えばこんなご質問

レベルⅠ [簡単な設定の可否確認]

例)Catalystでもメジャーな「2960X」に関して

・Etherchannelの設定は可能か?

Etherchannel:複数の物理的なポートを論理的に1つのポートに束ねる技術。

これにより、機器間の帯域幅を増やすことが可能になる。

仕様の可否を確認する際には、まず「コンフィグレーションガイド」を使います。

① まずCisco.comにアクセスし、Supportから調べたいジャンルを選択します。(今回はSwitches) Cisco.comの設定画面

②  ここで機器を選択します。(今回は2960X) 機器を選択

③ “Configure”の「Configuration Guides」から、目的の情報に関連するページを探します。

(今回はEthernetchannelと関わりのある「LAN switching」内の目的IOSページを探す) “Configure”の「Configuration Guides」から、目的の情報に関連するページを探す   「LAN switching」内の目的IOSページを探す
④ 「etherchannel」について記述されているページを見つけました。

「etherchannel」について記述されているページ

⑤ 見つかったページを確認すると、EtherChannelの設定に関する記述が見つかりましたね!

    よって設定可能なことがわかりました! EtherChannelの設定に関する記述  


レベルⅡ [エラーメッセージの確認]

例)「2960X」に関して

・下記エラーが出力されるが、これはどういう意味か?通信に影響はあるのか?

%PKI-4-TRUSTPOOL_EXPIRATION_WARNING: The Trustpool will expire in 20 days. %PKI-4-TRUSTPOOL_AUTO_UPDATE_DISABLED:Auto-trustpool update is disabled.

① まずエラーメッセージの見方ですが、

%「エラータイトル」 : 「エラー詳細」

のようなイメージです。なので、まず調べるのは:の左側にある「エラータイトル」をキーワードに調べていきます!  
Googleの検索結果

② さっそく出てきたシスコページを閲覧してみると、「サポートコミュニティ」が見つかりました。これは、シスコの製品ユーザ、シスコシステムズのエンジンニアが意見を交換し合うページです。

(個人的にはエラーをgoogle検索するとサポートコミュニティよく出てくるイメージ) Googleのサポートコミュニティのページ  
​​​​​​​上記ページによれば、

・smart call home機能を使用していなければ無視してよい

・手動での証明書のアップデートによりエラーが消える

ことがわかりました。

このように、エラーメッセージは「:の左側」をキーワードに調べましょう!

※上記のCisco.comから引用した情報は、Cisco社が明示または黙示された一切の保証の責任を負わないものとなっておりますのでご注意ください。


その他、構成を確認する

・CCW

バグ情報を探すためのバグサーチ など、様々なツールがあります。

今回は私がよく対応する[簡単な設定の可否確認]と[エラーメッセージの確認]の方法について、ご紹介いたしました。  


■終わりに

まだまだ製品知識は乏しい私ですが、このように「調べ方」に関しては身についてきたのかなと思います。

これらの調べるスキルを利用して、私はお客様の疑問を即回答!できるような営業を目指します!!

次回はCCWの使い方をご紹介したいと思いますので、是非ご期待ください。