catch-img

Hypervsn Wall(複数台構成)の作り方

 みなさまこんにちは。Hypervsn担当の醍醐(だいご)です。だいぶ涼しくなってきましたね。

このブログでも何回かご紹介している3Dホログラム(立体映像)サイネージ「Hypervsn(ハイパービジョン)」ですが、今日は「Wall(ウォール)」という複数台構成の作り方をお伝えしたいと思います。

 「Wall」は、この記事のトップ画像にあるようなもので、複数台のHypervsnを繋げて、一枚の大きなディスプレイにする…という使い方です。ド迫力の美麗映像をお好きなサイズで作ることができますよ!


■構成(必要なもの)

Wall構成
No.
品名
用途
備考
1
本体
Hypervsnの本体です。Wallを構成できるのは56cm版のみとなります。
Wall構成時には、羽が重なるため、56cmを連ねたよりも少し小さくなります。
2
取付金具
Hypervsnを取り付けるための金具です。羽をオフセットして取り付けるために、高さが異なる2種類の金具を使います。
必要な本体の数に対して、SサイズとLサイズが半々になるようにします。
3
Masterbox
複数の本体の映像を同期させるためのアプライアンスです。
1台あたり50台の本体をコントロールできます。
4
WallApp
Wallの映像を複数の本体に振り分けるためのソフトウェアです。


■流れ

  1. 映写したいサイズを決める(物理的なサイズ、解像度)
  2. 本体の台数が決まる
  3. 必要な構成を揃える
  4. NW構成を組む
  5. 物理的に設置する
  6. WallAppで映像を各本体に割り付ける


・NW構成

終端装置→Masterbox→本体(1台目)→本体(n台目)→本体(最後)→終端装置



・物理的な設置

Masterboxは下に置くケースが多いので、下記の置き方がおすすめです!


・WallAppによるコンテンツの割付イメージ

​​​​​​​



■ポイント

電源を入れる前に、手で回し、羽根の干渉がないか確認すること!




以上の流れで、お好きなサイズの立体映像をお届けすることが可能となります。

詳細な手順や疑問があれば、ぜひリンクからお問い合わせをお願い致します。 

Hypervsnのご紹介はこちら

  3Dホログラムサイネージ『Hypervsn』のご紹介 presented by Netone Partners NOPにて現在テストマーケ中の3Dホログラムサイネージ商材である Kino-mo社の『Hyperven』に関するご紹介のページとなります。 ネットワンパートナーズ株式会社ブログサイト


レンタルのご紹介はこちら

  Hypervsn, 3Dホログラム, サイネージ, レンタル | ネットワンパートナーズ株式会社ブログサイト ネットワンパートナーズ株式会社ブログサイト


最後までお読みいただきありがとうございました。次回は「Wallはいくら?」という疑問にお答えしたいと思います!

お得なキャンペーンもご用意しておりますので、またこのブログでお会いしましょう!


醐醍 朝和(だいご ともかず)

醐醍 朝和(だいご ともかず)

ビジネス開発部所属。小売業向けIoTビジネス開発を中心に、製品担当を兼務。リテールマーケティングやITILなどを所持。 主な担当製品は「Mist」「Ruckus」「HYPERVSN」。 趣味は山登りで、プロフィール写真は木曽駒ケ岳山頂からの眺めです。