catch-img

コロナ対策とマスクとSAFR!!


目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.マスク着用時に一番困ることってないでしょうか?
  3. 3.AI顔認証エンジン「SAFR」新バージョン2.0リリース
  4. 4.さいごに


はじめに


みなさん、お久しぶりの登場、Kuroです。


政府が緊急事態宣言を発令するかどうかについて関心が集まる最中(この記事を書いているのが2020年4月3日)、皆さまは新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)対策はどう対策しておりますでしょうか。


新型コロナウイルス感染症対策本部から、全国5000万世帯に配布されるというマスク、皆さまも日々、着用されていることと思います。


マスク着用時に一番困ることってないでしょうか?


私はiPhoneユーザなので、そう、マスク着用時の「顔認証」が非常に困っています。

「iPhone X」以降のユーザーにとっては、「マスク着用中はFace IDで認証できない」というあの問題。

指紋センサーを搭載しないiPhoneにとっては、けっこう深刻な問題です。


皆さまはいかがでしょうか!?


iPhoneを立ち上げる度に、マスクを下す。こんな不便なことはありません!!


また、余談ではありますが、貴重なマスクを所持していながら「鼻をマスクから出す」行為や、「装着したマスクの外側を手で触る」行為など、逆効果な使い方なので、本当に気を付けてください!


ちなみに、最近テレビでよく見る「池袋大谷クリニック院長で呼吸器内科医の大谷義夫医師」によると、新型コロナウイルスは喉よりも鼻からのほうが多く検出されると発表されています。


感染者も非感染者も、“マスクからの鼻出し”は厳に慎むべきとのこと。その上で、「マスクの表面は絶対に触らず、着脱の際は耳にかけるゴムの部分のみを持つようにする」ということを注意喚起しております。



AI顔認証エンジン「SAFR」新バージョン2.0リリース



そんなマスクも触れることができない状況を解決に導いてくれるのが…

弊社、ネットワンパートナーズが推進しているAI顔認証「SAFR」です!


「SAFR」の詳細は弊社SEの福井のブログ私の記事を読んで頂ければと思いますが、その「SAFR」は、以前からサングラス、帽子などの着用は問題なく認証がされておりました。


それがこの度、リアルネットワークスからリリースされた新バージョン「SAFR2.0」では、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大によりマスク着用時の顔認証が課題となっている状況下で、最新のディープラーニングを用いたアルゴリズムでマスク着用時でも顔認証を可能となります。



マスクの種類が異なっても問題なく認証できるとしている

写真:マスクの種類が異なっても問題なく認証できるとしている(出典:リアルネットワークス)


メディアでも取り上げられてますので、詳細はWebで!!

マスク着用でも利用できる顔認証ソフトウェア「SAFR 2.0」、リアルネットワークス

リアルネットワークス、AI顔認証SAFR™に新機能追加―マスク着用でも認証可能


したがって、これからはセキュリティーゲートなどでマスクを外すことなく認証され、通過することが可能となり、コロナ感染リスクであるマスクを触ったり、鼻や口を出す必要がなくなります。


また、「SAFR2.0」は、以下の新たな機能が加わりました。


1. 眼鏡、マスク、サングラスなどを付けているか否かの検知

2. 指定方向(左右方向、カメラからの遠近)への移動検知

3. 照明が不十分な環境での明るさ補正機能(ベータ)

4. NVIDEA GPU使用時にCPUの利用率を最大70%低減

5. ビデオフィードのライブモニタリング

6. アクティビティリストからイベント・人物を検索

7. SMS通知


さいごに


弊社では、SAFRでのセキュリティーゲート連携ソリューションや、労務管理顔認証ソリューションなど、様々なコンテンツを弊社パートナー様とご提案しておりますので、お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。



NOPのホログラム




問合せは当社担当営業、または、右上の「問い合わせはこちら」からお願い致します!



Kuro

Kuro

2019年7月からネットワンパートナーズにジョインさせて頂いた「Kuro」です。様々なスタートアップソリューションを武器に皆さまとの共創の世界を作りながら、エンドユーザ様に新しい価値を提供しようと奮闘しております。皆さまと尖った創造性溢れるソリューションパッケージを生み出すコンダクターになれるよう精進しております。