catch-img

顔認証ソフト「SAFR」の実用例ご紹介! その①~勤怠編~

みなさま、こんにちは!

セールスエンジニアリング部の福井です。

今年2020年はオリンピックイヤー!
皆様、観戦チケットは当選されましたでしょうか?

かく言う私は申し込んだつもりが出来ていなかったクチです…
地元の家族や友人は400mリレーや女子テニスの決勝等の凄いチケットが当選し、我が家はホテルになりそうです。


さて、気を取り直して今回から弊社にて実際にSAFRを使ってみた内容を何回かに分けてご紹介いたします!
(SAFRとは何ぞやという方はこちらへ!)


目次[非表示]

  1. 1.勤怠管理システムとの連携
  2. 2.■動作内容
  3. 3.■実際の設置風景
  4. 4.■使用感

第一弾はこちら!


勤怠管理システムとの連携


SAFRの取り扱いを始めた当初から、ネットワングループの出退勤を既存のカードリーダーから
顔認証に置き換えたいという要望が各所からあり、主要部署との調整を進めていたのですが…

昨年末(2019年12月)にようやくNOP執務室にトライアル版として設置することが出来ました!!

ではまず簡単なアーキテクチャから。

動作内容

 ① 人の顔をiPad等のタブレット端末で読み取ります。
 ② 読み取ったデータから顔の情報を切り出してSAFR Platformへ送ります。
 ③ SAFR Platform上に登録されている情報をSAFR Actionsを介して、
   勤怠連動用に作成したプログラムへ渡します。
 ④ イベントが発生した日時及び社員ID等の情報をDBへ保存します。
 ⑤ 日次バッチ等でDBのデータを勤怠システム側にて取り込めるフォーマットで出力します。
 ⑥ 社内勤怠システムより、出力されたデータを取得し、データ取り込み処理を行います。

実際の設置風景



使用感

実際に設置して使ってみた感触ですが、やはり認証速度が爆速です!
前に立つと一瞬で認証してくれるので、いちいちカードを取り出してリーダーを通すのが
億劫になってしまいます!もうカードリーダーには戻れません!

ただ、まだトライアルとしての設置なので現状はカードリーダーと顔認証の両方で
タイムスタンプを取得しており、その時間に差異が無いかを検証中となります。
このトライアルが終わり次第、ネットワングループ内で各拠点を含めた全社展開を目指して
活動していく所存です!

今回の記事で気になる点や、実際にデモなど見たい!となった際にはお伺いさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください!


また近々「実用例ご紹介」の第2弾の記事を上げさせていただきます!乞うご期待!

福井 雅也(ふくい まさや)

福井 雅也(ふくい まさや)

IT業界を運用→PG→SE→PMと渡り歩き、以前までは主に監視カメラのソリューションを担当。現在は顔認証ソフト「SAFR」の製品担当SEとして活動中。